top image

タイトル写真は、河口湖畔の桜を通して見た、富士山です。「河口湖、桜、富士山」には語源が明らかにされていない共通点があります。この中では意味が解りやすい「河口」は。河口湖へそそぐ寺川河口に「山梨県南都留郡富士河口湖町河口」があるので、ここが湖名に採られた「河口」の起源と推理できます。ほかの富士五湖、「山中湖、西湖、精進湖、本栖湖」にも、南都留郡山中湖村「山中」、南都留郡富士河口湖町「西湖、精進、本栖」の字名があって、湖名と字名のどちらを先に付けたかを考える必要があります。こちらは、現代語でも意味がわかる、河口のようには行きません。
本サイトは、「富士五湖」や「富士山、桜」をはじめ、様々な地名の語源を考えるため、『地名を解く』表題をもとに、まず『山手線。京浜東北線』全駅名を解いてゆきます。面白いことに、山手線の駅には、江戸・明治時代からの地名の由来が残されています。

今井 欣一

プロフィール

今井 欣一
1941年、東京の新宿生まれ。幼い頃から鉄道マニアで、20代は蒸気機関車を追いかけて北海道「狩勝峠、倶知安峠」から、九州の「矢岳越、三太郎峠」などを駆け回りました。30代は「峠」名に魅かれて語源と命名年代の探索をはじめ、全国5万分の1地形図を集めて「峠、山、川、岬、島」の地名資料を造り、本サイトの基礎を組み立てました。

  • 山手線の駅
  • 言葉と地名
  • 日本の誕生
  • 地名資料

 関東地方の「茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川」など、私達が毎日使っている地名は、語源が解明されているように見えますが、実際はほとんど解けていません。
なぜ、地名は解けないか、この理由を探ることが本サイトの主題です。
 順に明らかにいたしますが、奈良時代より前の時代に、「言葉、地名」の命名法が忘れ去られたことが原因と考えられます。つまり、表面上の言語大系は継承されましたが、成立過程と意味は伝えられなかったのです。

 タイトル写真は、河口湖畔のサクラを通して見た富士山です。ここでは「河口湖、桜、富士」の語源探索をヒントに地名全般を考えます。取り組みやすい言葉から始めたいので、いまも「川の河口」を意味する「かわぐち。古語では、かはくち」が、どのように使われているかを調べたのが、次の実例です。

宮城県石巻市川口町旧北上川  三重県桑名市川口町揖斐川
茨城県土浦市川口桜 川岡山県岡山市西大寺川口吉井川
千葉県銚子市川口利根川広島県福山市川口町芦田川
富山県新湊市川口庄 川山口県岩国市川口町今津川
愛知県碧南市川口矢作川熊本県熊本市川口町緑 川

 住居表示の右に付近を河口とする川の名をあげました。このように、「川口」は川の河口を表現して全国で使われています。富士五湖のひとつの河口湖も、ここに注ぐ寺川河口につけた「山梨県南都留郡富士河口湖町河口」の名を採った様子が判ります。
 貞観6(864)年に富士山の寄生火山、長尾山が噴火して流れ出た溶岩が青木ヶ原を造り出すと同時に、剗の湖(せのうみ)と本栖湖に流れ込んで三つの湖に分け、今の西湖、精進湖、本栖湖を誕生させました。この「西湖、精進」と、それ以前からあった「河口、本栖」の名は、山梨県南都留郡富士河口湖町の字名に残され、延暦19(800)年の噴火で生まれた「山中湖」も、南都留郡山中湖村山中として現存しますので、富士五湖の名は字名を採った史実が浮上します。この模様は全国の山名、川名、湖名を検討する第六章『富士の語源』で詳述します。
 まだ確立したわけではありませんが、昔から言われて来たように『地名は、地形表現を主体に命名した』可能性が高いので、本サイトはこの考えを基本に置いて話をすすめます。川口を地形地名と捉えると、もうひとつ違った場所につけた様子も浮上します。

岩手県岩手郡岩手町川口北上川と古館川の合流点岩手川口駅所在地
新潟県北魚沼郡川口町川口信濃川と魚沼川の合流点越後川口駅
徳島県三好郡山城町川口吉野川と伊予川の合流点阿波川口駅

 合流点につけた川口は、岩手川口(IGRいわて銀河鉄道:もと東北本線)、越後川口(JR上越線)、阿波川口(JR土讃線)の駅名に使われています。新潟県の川口町は平成22年3月に長岡市へ編入され、徳島県の山城町も平成18年3月に新設した三好市に変りました。
 三つの川口は、現在の読み方に近い「かわくち」の方に地形の意味が隠されています。この言葉を「川+分く+地」と分解すると、川が支流を分ける処、分流点を表わすことになります。私達は川を上流から下流にくだる捉え方をして「合流点」といいますが、「分流地名」を付けた人々は、川を下流から上流へさかのぼる思考法をした様子が判ります。
 この捉え方は、狩猟採集民族の「アイヌ人」の発想と同じところが重要です。といっても、アイヌ語を使って地名を解くわけではありません。現在、アイヌ語の成立年代は擦文文化・オホーツク文化の時代、おおよそ鎌倉時代と考えられていますので、奈良時代以前の言語活動を調べる本サイトは、比較対照のためにアイヌ語・琉球語を参照しますが、基本に据えることはありません。ただ、川の捉え方が、アイヌ人とおなじ狩猟採集民族の縄文人の思考法を伝えているような感じがします。こんなことが気になるのは、「川口」地名には、奈良時代以前につけられていた例があるからです。

埼玉県川口市川口荒 川  千葉県旭市川口 (椿 海)

 川口市川口は、東北本線が荒川橋梁を渡った西側の住居表示に使われています。しかしここは現在の荒川河口、東京都江東区新木場、江戸川区臨海町から30㎞も離れた上流にあり、なぜこれほど遠隔の地に、川口があるかを考えねばなりません。また、千葉県旭市川口は、江戸時代の寛文11(1671)年に干拓して消滅した「椿海」を、太平洋に結ぶ河口だった様子が伝えられており、この辺は考古学上の成果を参照する必要があります。

縄文時代の海岸線の変化 
週刊朝日百科 『日本の歴史 36 火と石と土の語る文化』(1986)


 左図は関東地方における縄文時代の海岸線と貝塚遺跡(印、赤字は遺跡名)の分布図です。紺色が現在の海域、青色が約3000年前の縄文時代後期の海、空色が約6 000年前の縄文時代前期の海岸線を表現しています。自然現象の地球温暖化とその後の気温低下により、海が陸地に侵入した現象を「海進」、退いた様子を「海退」といいます。
 縄文の人々が生活した跡を留めた貝塚遺跡を伴う「縄文海進→海退」の模様を残した地名は多く、図の左に古入間湾と記された地域の湾口に「川口市川口」があります。

 図の右下の青色の大きな細長い入海が、現在の九十九里平野です。八日市場と記された岬型地形の左上にあったのが「椿海」、岬の対岸にあたる貝塚密集域に「旭市川口」が現存します。ふたつの「川口」をつけた時代は、第二章『京浜東北線の駅(24)川口』、第四章『地名考古学 6 古地形と地名(3)九十九里浜の地名」で検証します。
 地名は陸地につけるのが基本ですから、縄文海進で入海になっていた地域が「海退」により陸地化し、川が流れて湾状地形の河口になった時代の地形を対照すると、いつ川口地名をつけたかを推理できます。地名の特性として、一つの地名だけ継承された例は少なく、周辺に海退時の関連地名が残されているのが普通です。地名を解くには、全国の分布状況を掌握すると同時に、当該地形の変遷と、周辺の地名を調べることが肝要です。

 もうひとつ大切なことは、先ほど川の分流点につけた川口を、「川+分く+地」と分解して地形の意味を浮上させました。同様に、河口を表現した川口(かはくち)に応用すると、「川+吐く+口」と、『掛け言葉』を組み込んでいた重大な事実が浮かびあがります。これが本サイトの根幹におく手法で、『古事記』『日本書紀』『風土記』の地名解説に、まったく載らなかった解釈法です。
 これは仮説ですので、まず『山手線の駅』『京浜東北線の駅』にこの解釈法が使えるかを古地形と対照して検討したのちに、本論の『言葉と地名』『地名考古学』『日本語のリズム』『富士の語源』『日本国の誕生』へ移ることにいたします。
 私たちは、ふだん意識することなどありませんが、我が国の歴史は『縄文・弥生時代』から現代に連綿と続いた事実が大切です。いま徐々に影響が現われ始めた地球温暖化現象は約5,500年前にもあったのです。このとき、メソポタミアで起きた大洪水の言い伝えが『ノアの方舟』伝説として知られます。縄文時代早期~前期の温暖化の海水面上昇は約5mと考えられていて、いますぐこんな状況になりませんが、現状のまま大気中の炭酸ガス濃度を増加させれば、2100年に1m位の海面上昇は予測されています。やはり地球温暖化は深刻に受け取るべき問題です。
 「海進→海退」時の地形を表現した地名は、全国至るところに残されています。第一章『山手線の駅』、第二章『京浜東北線の駅』の東北本線と東海道本線の区間が、上図左側の武蔵野台地端の貝塚密集地域に沿って走っていますので、駅毎に地名解釈をあげて、これを検証して行きます。
 この作業を、駅名から「峠、岬、島、川、山」名へ拡大し、全国の地名を基本に置いて日本語の起源、日本国の歴史を考えよう。というのが、本サイトのねらいです。