日本の建国

 我が国の古代史では、四世紀の中国の史書に『倭国』関連の記述がないため、古墳時代前期を【空白の四世紀】と呼ぶことを記しました。反対に『旧唐書(くどうしょ)』倭国日本伝、『新唐書(しんとうしょ)』日本伝という、七世紀中葉から後半に『倭国⇒倭国+日本国⇒日本国』と、国が分裂した後に統合した記録をのせた史書を、歴史に組み込まない不思議な現象を取り上げましょう。
 『旧唐書』倭国日本伝は、『日本書紀』に載らない大化4(648)年に唐を訪れた使節団を記して、次のように国号の起源を語った様子を載せています。

  1. ① 「日本国は倭国の別種なり。その国、日辺(にっぺん)にあるをもって、ゆえに日本(にっぽん)をもって名となす」と。
  2. ② あるいはいふ、「倭国みずから、その名雅(みやび)ならざるをにくみ、あらためて
    日本と号す」と。
  3. ③ あるいはいふ、「日本はもと小国、倭国の地をあわせたり」と。

 『旧唐書』は、この説明を述べたのち、「その国から入朝する者は、多くは尊大な態度をとって真剣に答えない。したがって、中国はこれを疑う」と感想を加えています。一般に、三種類の意見を一つの使節団が説明したと採るためと、『日本書紀』に関連記事が載っていないので、この記述は信頼性に欠けると考えられています。
 しかし③の「日本はもと小国、倭国の地をあわせたり」説は、この史実を648年の使節団が知る由もなく、672年の壬申の乱を経て、690年の中央集権国家『日本』誕生後の使節団…大宝2(702)年の粟田眞人(あはたのまひと)らの遣唐使:『旧唐書』と『續日本紀』が掲載…の説明を記録に残した、と捉える説があります。

 この説を重視すると、①の説明は648年の使節団の見解、②は孝徳紀にのる652年か653年の遣唐使の説明を記録したと採れます。こう考えると、①は『倭国』の使者が新しくできた『日本国』を評した説明、②は日本国…孝徳・斎明・天智政権…の遣唐使の説明を載せた記述と推理できます。ここでの問題は、ヤマト政権が646年正月「大化改新の召」において、『日本国』を名乗った史実があるかです。
 つまり七世紀中葉に、列島が『日本国』と『倭国』に二分していたかですが、『三国史記』の新羅(しらぎ)本紀、文武王10(670)年12月に『倭国が国号を日本に改めた。日の出る処に近いことから命名した』記述があります。近江政権の天智天皇…「大化改新」時は中大兄皇子…が、668年に高句麗を滅ぼして誕生した『統一新羅』への国書に、①の説明と同じ内容を記したことは、『日本国』と『倭国』が併存したのは史実と考えて間違いないでしょう。
 646年元旦の「大化改新」から663年の「白村江の戦い」を含み、672年の「壬申の乱」まで、孝徳・斎明・天智・弘文天皇の政権が『日本国』を名乗っていたなら、『日本国』と『倭国』の領域が、どのように分かれていたかを検討する必要があります。
 この辺は『日本書紀』に載っていませんが、律令時代の資料として重要な平安時代中期に藤原時平・忠平が編纂した『延喜式 巻26 主税上』にのる国別「租税:稲束数」を、同時期に編纂した『和名抄』にのる国毎の郷数で割ると、興味ぶかいデータが得られます。

一郷あたりの租税が少ない国と、多い国の順位

国 名 区分 租(稲束数) 郷 数 租税/郷
河 内 畿 内 401,000 80 5,000
山 城 畿 内 424,100 78 5,400
攝 津 畿 内 480,000 78 6,200
大 和 畿 内 554,600 89 6,200
美 濃 東 山 880,000 131 6,700
三 河 東 海 477,000 70 6,800
尾 張 東 海 472,000 69 6,800
淡 路 南 海 126,800 17 7,500
筑 前 西 海 790,100 102 7,700
佐 渡 北 陸 171,500 22 7,800
国 名 区分 租(稲束数) 郷 数 租税/郷
越 後 北 陸 833,500 34 24,500
加 賀 北 陸 686,000 30 22,900
越 中 北 陸 840,400 42 20,000
甲 斐 東 海 584,800 31 18,900
備 前 山 陽 956,600 51 18,800
越 前 北 陸 1,028,000 55 18,700
豊 後 西 海 743,800 42 17,700
肥 後 西 海 1,579,100 99 16,000
肥 前 西 海 692,600 44 15,700
出 羽 東 山 973,400 65 14,500

 延喜の時代(901~922年)とは、菅原道眞を太宰府へ左遷した後、道眞の改革案を右大臣藤原時平が実施した『延喜の治』と呼ばれる、摂関政治を中断し、醍醐天皇の親政を行った律令制を復活した時代でした。しかし平安時代中期に、稲束数を郷数で割った一郷あたりの国毎の租税に、こんな大差があったことには驚きました。
 702年に公布した『大宝律令』には、20歳から60歳までの正丁に二段の口分田を与え、これに対する租税は段あたり「2束2杷」と定めました。一人あたりの租税を「4束4杷」と規定したのですが、慶雲3(706)年に減税し、「3束」に変更したと言います。この3束は稲作生産量の「3%」とされていますが、これを改めた記録はないようです。
 昭和2年に発表された『奈良朝時代民政経済の数的研究』〈澤田吾一〉は、様々な歴史書の詳細な分析から、一郷の人数を「1,400人」と推定し、『和名抄』にのる四千余郷の郷数から、平安時代中期の人口を「560~600万人」と算定しています。律令時代の一郷は50戸で構成され、澤田氏の詳細な分析により、1戸が25~30人で成り立っていたことが解明されていますので、「一郷の人数:28×50=1,400人」を使うことが基本になっています。

 そこで、702年に一人あたり「4.4束」とした租税は。一郷あたりに直すと、4.4束×1,400=6,160束となり、『延喜式』『和名抄』からの計算では、『大宝律令』公布時の値が、「攝津・大和」国の租に近似する様子が判ります。ただし『延喜式』『和名抄』は、西暦930年頃の集計ですので、702年公布の『大宝律令』と200年以上の差があり、現代の租税を基にして、江戸時代末の税金システム分析をすることになるため、この比較は意味を成しません。
 ところが、全国一律に運用されたはずの租税が、最も低い畿内の「河内国」と、最も高い北陸道の「越後国」では約五倍の差が現われます。これは何を表わしているのでしょうか? 国別でなく、畿内七道の租税に区分すると、ある史実が浮かびあがります。

地方毎の一郷あたりの租税(平安時代中期)

道区分 稲束数(束) 郷数 一郷の租税
畿 内 2,087,200 5 349 6,000
東山道 7,405,400 8 729 10,200
南海道 3,327,300 6 322 10,300
東海道 10,438,500 14 996 10,500
 
山陰道 4,357,700 7 375 11,600
山陽道 5,862,600 8 498 11,800
西海道 5,990,500 9 484 12,400
北陸道 4,186,400 7 230 18,200
 
合 計 43,655,600 64 3,983 10,960

 ㊟  志摩国・隠岐国・對馬島・壱岐島を除く(郷数46。全国の郷総数:4,029郷)

 この表で上記の二国・二島を除いたのは、生産性が低いために、畿内七道の一郷あたりの租税を比較対照するうえでは、除外した方が良いからです。 この集計で重税を課された北陸道は、前の表でも「越後、加賀、越中、越前」国が上位にランクされ、ここにのる「備前、豊後、肥後、肥前」国に共通しますが、前後を付けた国は「越、吉備、豊、肥」国を飛鳥時代後期、690年に分割して生まれたものです。

 この史実は、『日本書紀』持統天皇4(690)年9月23日に「筑紫國上陽咩(かむつやめ)郡」の兵士、大伴部博麻の記述にのる上八女郡(後の上妻郡)が、同一人を解説した690年10月22日に「筑後國上陽咩郡]へ変った記述と、『伊勢皇大神宮』最初の式年遷宮を690年10月1日に持統天皇…和風諡号:高天原廣野(たかまがはらのひろの)姫…が挙行なされた史実から、この日が、全国に律令制度を実施した新『日本国』が誕生したときと考えられます。
 北陸道の「越」が『日本書紀』にのる最後が、持統天皇 3(689)年7月23日の記述で、越前が最初に登場するのは、持統天皇 6(692)年 9月21日です。山陽道の吉備を「備前・備中・備後」、西海道の筑紫・豊・肥を二分したのも690年10月1日と推理できます。これらの諸国が二分・三分されたのは、国域が大きすぎたためで、山陰道の国には強制分割された国はありません。ただ「山陰・山陽・北陸・西海」道に共通するのが、祭神に『大国主命。建御名方神(諏訪神社の祭神)』をはじめ、出雲系の神々を祀る神社が多いことです。
 「国譲り神話」で、大国主命が葦原の中つ国を譲った相手は、高天原の天照大神ですから、倭国が日本国へ吸収された史実を、天武・持統天皇、藤原不比等が神話に組み込んだのではないでしょうか。この辺は、第九章『日本の建国 西日本編』山陰道に詳述します。

 諸外国では国名の起源、そして国の成立過程が重視されますが、この国では『日本』の名を誰が、どのように、いつ付けたかは話題にもなりません。しかし国号の起源を解くことは日本人の義務ですので、第九章の最後に検証します。
答えは誰もが知っている天皇…当時は皇太子…が、誰もが知っている東国の「日の出」を見られる有名観光地の名が上がります。

 ただ、この解釈を導き出すには、律令時代の日本地理を掌握しておく必要があります。
そこで、現在も証明されていない『国名、郡名は小地名を採用』した仮説を定理へ昇格させるために、律令時代に存在した66国2島と591郡全数の起源地名を推定して、地方ごとの分布図を作りました。この模様を詳述したのが第八章と第九章です。


第七章 『富士川と富士山』 PDFダウンロード
 この章の前半は『川名の起源』、後半に『山名の起源』を検討します。20万分の1地勢図にのる約2,300例の川名を集計すると、川名は流域の最重要地点の名を採用した史実が解かります。しかし約7,400例を調べた山名の起源探索は極めて難しく、一つひとつの山に当たらないと解けません。表題の富士川の起源地名は「山梨県南巨摩郡南部町福士」、富士山には「静岡県富士宮市宮町:富士山本宮浅間神社所在地」があがり、同じ文字をあてた川と山の起源が違った事実が浮上します。解析は少々難しいので、本文で行います。

第八章 『国名の起源 東日本』 PDFダウンロード
 我が国の旧国名と郡名をどのように定めたかを考えるとき、国・郡の大きさが一定しないところが気になります。奈良時代の全国集計は残っていないので、平安時代中期に編纂した『延喜式 巻二十六 主税上」にのる国毎の租税と、同じ時代の『和名抄』にのる水田面積を利用して計算すると、一郷の租税として徴収する稲束を「一万束」、一郡の水田面積を「一千町歩」、一国は「一万町歩」と切りのよい数字で決めた様子が浮上します。この計算値から、水田耕作適地が多い平野部の郡域が小さく、山間僻地を抱える郡の領域が大きいことを理解できます。

第九章 『国名の起源 西日本』 PDFダウンロード
 このように国・郡域を定めたとき、その名称を何から選んだかも気になりますが、66国2島と591郡全数の起源を探れば、簡単に判ります。国・郡の名は領域内の地名から選ばれています。この地名群を分析すると、交易の中心地(湊、河川の合流点、商業地など)、農業の中心地、鉱物資源の産地を採った例が多いことが解ります。中心地になった時代も『縄文、弥生、古墳、飛鳥』時代と様々で、歴史書にのらない史実が起源地名群の分析から行えるところも利点です。東日本には少ないですが、西日本の花崗岩地帯に起源地名が集中する傾向がみられます。これは風化した花崗岩マサと呼ばれる地質が含水性が高く、水田耕作に適しただけでなく、この地域は「砂鉄」を産したところが重要です。